So-net無料ブログ作成

コルナゴマスター・仕様その1 [コルナゴマスター X-light]

フレームを購入して最初に組み上げた時の仕様

30740307_1018691861616500_8263395147677433856_o.jpg
COLNAGO MASTER X-light




クロモリフレームにはシルバーパーツにWレバーだろ。との思い込みでマスターは当初ギンギラパーツ& Wレバーで組んでました。ステムもシートポストも、コンポもハンドルも、クランクもホイールも全てシルバーパーツです。今時の自転車パーツのトレンドは黒でシルバーパーツ集めも大変ですが、これまで使っていたパーツの流用やヤフオク、ネット通販などでかき集めました。基本的にはシマノアルテグラで、部分的にDURA-ACEという仕様です。


23674956_928146114004409_1342488191514528486_o.jpg




<コルナゴマスターX-LIGHTスペック>

・フレームサイズ:550
・ヘッドセット:カンパニョーロ レコード
・ブレーキレバー:カンパニョーロ ベローチェ改
・ブレーキキャリパー:シマノULTRGRA6600
・FRディレーラー:シマノDURA-ACE7800直付け
・RRディレーラー:シマノULTEGRA6600
・クランク:シマノULTRGRA6600
・チェーンリング:スギノ48-34T(10s)
・スプロケット:DURA-ACE7800(12-27T)
・シフトレバー:シマノDURA-ACE7900
・ハンドル:NITTO Mod.55
・ステム:NITTO NTC-A(100mm)
・シートポスト:シマノULTEGRA6600
・サドル:サンマルコ カイマノ
・ペダル:エッグビーター3
・ホイール:A-CLASS(品名不明)暫定
・総重量:8.9kg(ペダル・装備品こみ)

コンポは基本旧クロモリロードからの移設ですが、ヘッドセット・FRディレーラー・シートポスト・ブレーキレバーは新調いたしました。 オールイタリアンで組みたいところですが、なかなか部品の入手も(お値段も)難しいので日伊混合です。

とまあ、購入当初はこんな感じ組み上げました。ただ、この時所有していたバイクは計4台で、メインバイクは他のカーボンバイクを使用していたので、マスターはあえて昔ながらのWレバーで組んでました。走りや操作性よりも見てくれを気にしました。概ねこの仕様で満足していたのですが、どうにも完組みホイールが気に入らず。この後、32本スポークの手組みホイールを自作することになります。


つづく


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。