So-net無料ブログ作成

FC-R8000 46-34T 試走 [CANYON GRAIL AL 6.0]

変速性を実際に走って確認してみた

IMG_2209.jpg
CANYON GRAIL AL 6.0 SHIMANO FC-R8000 46-34T





昨日カスタムしたアルテグラクランクFC-R8000 46-34T。(インナーを36Tから34Tに変更)

整備スタンド上ではビシバシ変速しその変速性に何ら問題は感じませんでしたが、しかしながら、実際にクランクに負荷をかけた状態での変速性はどうか気になって、風邪ひいて体調が悪い中ご近所をちょこっと試走してきました。

試走の結果も「特に問題はなし」 小気味好くビシバシ変速してくれます。
ただ、たま〜に(5回に1回くらい)、変速時ズリっとチェーンが滑る感覚もありで、純正の組み合わせに比べると若干チェーンの掛りが悪い時もあるかな、といった印象。まあでも、ズリズリ滑って変速しないとか空転することはないので、一瞬のタイムラグ程度です。(ちなみにチェーンは10s用、ティアグラ4700 10sコンポでの使用です)

インナーからアウターへ上げたり降ろしたり、降ろしたり上げたり、なんども何度も繰り返し試しましたが、チェーンが外れたりジャムったりすることは1度も無かったので、実用的には必要十分な変速性かなと思いました。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。