So-net無料ブログ作成

AICAN チューブラーテープ [自転車機材あれこれ]

NISHIKIの前輪がパンク

32455153_1036084709877215_4367863572596785152_n.jpg



現在、クロモリバイク2台にはチューブラータイヤを装着して楽しんでおります。チューブラーといえばリムへの接着をどうするか?? リムセメントかそれともチューブラーテープ(両面テープ)で接着するか!?

私の場合、使わなくなった機材はすぐに売ってしまうので、後々ホイールを売ることも考えてチューブラーテープを利用しております。ただ、テープは接着しやすいものの、実はタイヤ剥がした後の残留テープの掃除が実に大変。ですから、パンクする度に昔ながらのリムセメントに戻そうかといつも思ってはいるのですが、、結局、今回もテープで接着いたしました。バキバキに固まってしまったセメントを剥がすよりは、手間がかかるとはいえテープの方が綺麗に取り除けますからね。

で、そのチューブラー接着用のテープですが、NISHIKIにはAICANのチューブラーテープを使ってます。定番のミヤタのテープも使ってますが(コルナゴマスターにはミヤタのテープ)、ただミヤタのテープって強固に接着できる代わりに残留テープの処理が大変で、もっと簡単に剥がせるテープは無いものかとこのAICANのテープにたどりつきました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。