So-net無料ブログ作成

ライトサイクルVT-09(塗布編) [自転車機材あれこれ]

速乾性ドライ系チェーンルブ VT-09を買ってみた

51228084_1233906680095016_6145980101860261888_n.jpg

51191900_1233906700095014_5106031879409106944_n.jpg




これまでチェーンオイルは色々使ってきました。ドライ系、ウエット系、フッ素コーティング系、ワックス系等など。それぞれ一長一短あってどれがベストとは言い難いのですが、私にとってドライ系はあまり良い印象がありませんでした。たしかにチェーンやスプロケは汚れにくいけど、「持ちが悪くてうるさい」ってのが私のドライ系の印象でした。

このVT-09、ドライ系でありながら持ちも良くチェーンノイズも少ないとネットで評判の様で以前からかなり気になってました。というわけで物は試しと買ってみました。

で、まずは塗布編です。

油汚れていたチェーンとスプロケは自転車から取り外し、チェーンクリナーで大まかな汚れを落とし、ディグリーザーで完全に洗浄。チェーンにたっぷりVT-09を塗布し余分の油をウエスで拭き上げて再び組み付けました。

速乾性のドライ系とのことですが、そんなに乾きが早いという印象はないですね。塗布後9時間放置しましたがまだ少し湿ってる感じでした。塗布した直後はKURE5-56やラスペネのようなサラサラ系オイルと似た感触です。5-56よりラスペネに近いかな。 匂いもそれほど臭いという印象はなく、5-56程度かなと思いました。ラスペネよりは臭くない印象です。

チェーンノイズですが、整備スタンド上で回してみた感じではウエット系よりも少し音がするかな?といった感じです。さほど気になるほどではありませんが、完全に乾くともう少し大きくなるかもしれませんね。

次回は実際に走ってみた印象をインプレいたします。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Prime Pro Disc ポチる [自転車機材あれこれ]

3セット目のプライム

0303.jpg
Prime Pro Disc Road Wheelset




CANYON GRAIL AL用にホイールをポチりました。

英国の通販ショップWiggleのオリジナルホイール。リーズナブルなわりに高性能と巷でも人気急上昇中のプライム。私自身今回で3セット目のプライムホイールです。これまでの2セットはカーボンリムモデルを購入してましたが、今回はグラベルバイク用ってことであえてアルミリムモデルにしました。

ところが、アルミリムモデルだからといってあなどるなかれ、DISC仕様でありながらその総重量は前後セットで1450g(メーカー公称値)とカーボンリムモデルよりも軽量です。流石にチューブラーリムよりも重いですが、チューブレスレディリムの中では最軽量です。とある情報ではリム重量は410gとのこと。あまりに軽いのでグラベルで使うのは少々心配ではありますが、まあお安いので遠慮なく使い倒すことにいたします。(ちなみにお値段は前後セットで37,000円)

人気なのかいつも欠品中でしたが、先日チェックしたら「在庫あり」慌ててポチった次第です。で、翌日チェックしたらすでに欠品中。入荷してもすぐに売り切れてしまうようです。同じく英国通販ショップのCRCでも同様。WiggleもCRCも「入荷時にEメールで通知」の機能があり、チェック入れておきましたが結局通知メールは来ませんでした。少量入荷の場合は通知が来ないみたいですね。欲しい商品はこまめにチェックするしかなさそうです。

このホイールについての詳細や購入は下記リンク先よりどうぞ♬
https://www.wiggle.jp/prime-pro-ディスクロードホイールセット/


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パンク&シーラント [自転車機材あれこれ]

パンクするもシーラントで事なきを得る

51199751_1234956089990075_117786643414384640_n.jpg
Panarecer REGACROSS 35c

st0068_pint_a.jpg
Stan's NoTubes



家を出て走り始めて10分後、後輪から妙な音が、、
見てみると鉄片が刺さってシーラントが吹き出てました。
鉄片を外すとシュ〜〜〜♬と音とともにエア漏れが、、

「こりゃ〜、シーラントでも無理か?」

と諦めかけましたが、傷口を下にして10数秒、無事傷口は塞がりました。
パンクの穴としては5mmほどのナイフで切ったような傷口でしたが何とかなるもんですね。
今回は35cのチューブレスタイヤでしたので事なきを得ましたが、
薄いチューブだったらちょっと厳しかったかもしれませんね。

たまには他社製のものに浮気してみようかなと思っていたシーラントですが、
やはりこれからもStan's NoTubesでいこうと決めました。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。