So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
コルナゴマスター X-light ブログトップ

コルナゴマスター・仕様その5 [コルナゴマスター X-light]

現在の仕様・キャリパーもREDに

31646818_1029905917161761_4531557528005246976_n.jpg
COLNAGO MASTER X-light




結局、ブレーキキャリパーもSRAM REDに変更しました。これでコンポ的には「キャリパーだけDURA」からオールSRAM REDに♬

SRAM REDのキャリパーって軽いんですよね。DURAやスーレコよりも軽い262g(前後セット)です。キャリパー交換だけで60gの軽量化になりますから、軽さを求める人はSRAM REDの選択もありかなと思います。巷ではREDキャリパーってあまり評判良くないみたいですが、私的には問題は感じてません。

キャリパー以外にも、サドルとクイックレバーを交換して、、

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コルナゴマスター・仕様その4 [コルナゴマスター X-light]

カーボンチューブラーホイール装着で最終形!?

30656788_1018692094949810_495129653858533376_n.jpg
COLNAGO MASTER X-light




軽量化の三文字の為に、選んだホイールはPrime RP-35 チューブラー。軽量化が目的でしたので、今流行りのカーボンクリンチャーモデルではなく、あえてチューブラーモデルです。やっぱどうこう言いましても軽量性にこだわるならチューブラーモデルかなと思います。

スペックはこちら↓

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コルナゴマスター・仕様その3 [コルナゴマスター X-light]

軽量化? ならばクランクとホイール交換か!?

30656338_1018692008283152_8552377795940974592_o.jpg
COLNAGO MASTER X-light





軽量化を目指してクランクをSRAM REDに交換。本来であればホイールの軽量化が最優先ではありますが(実はこの時すでにホイールは発注済みで到着を待つのみ)、ホイールがまだ届かないのでクランクのみ先行して変更したの図です。

細く銀色に光る手組みホイールに、太く黒いカーボンクランク。どうしようもなくミスマッチですが、これは思惑の途中段階。ホイールが届けばとりあえず私の野望も完了です。


つづく


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コルナゴマスター・仕様その2 [コルナゴマスター X-light]

コンポを電動ワイヤレス化

30656258_1018691961616490_2435570366085595136_o.jpg
COLNAGO MASTER X-light





Wレバー仕様でちょっとレトロな雰囲気で使っていたマスターでしたので、ホイールも完組みホイールから自作手組みホイールに変更し、ブレーキキャリパーもアルテ(6600)からDURA(7800)に交換したばかりでした。

ハイ、これで終了。これでマスターは最終形のはずでした。
しかし、、

「もっと実用的に走れるバイクにしたい。。」

との思いが芽生え、電動ワイヤレスコンポのSRAM eTAPを導入。
そして出来上がったのがこの姿。

「おっ、クロモリにeTAP、悪くないんじゃね〜」とほくそ笑みつつも、「えっ、手組みホイールにeTAP!? ミスマッチじゃね〜??」てな思いもあったりで、、少々複雑な感じでしたね。

複雑な思いがつのると、さらなる野望が芽生えるものでして、、
その野望は「軽量化」の三文字でした。(汗)


つづく


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コルナゴマスター・仕様その1 [コルナゴマスター X-light]

フレームを購入して最初に組み上げた時の仕様

30740307_1018691861616500_8263395147677433856_o.jpg
COLNAGO MASTER X-light




クロモリフレームにはシルバーパーツにWレバーだろ。との思い込みでマスターは当初ギンギラパーツ& Wレバーで組んでました。ステムもシートポストも、コンポもハンドルも、クランクもホイールも全てシルバーパーツです。今時の自転車パーツのトレンドは黒でシルバーパーツ集めも大変ですが、これまで使っていたパーツの流用やヤフオク、ネット通販などでかき集めました。基本的にはシマノアルテグラで、部分的にDURA-ACEという仕様です。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

憧れのコルナゴマスター [コルナゴマスター X-light]

購入したのは昨年11月

23561765_927719424047078_4791769280203861312_n.jpg
COLNAGO MASTER X-light




マスターは基本設計は昔と変わりませんがカラーリングが毎年変わります。私のマスターは昨年発表された2018年モデルです。以前人気があったカラーリングの復刻カラーモデルです。

「いつかはマスター♬」と思いつつも、欲しい時には在庫がなかったり、カラーデザインが気に入らなかったりでなかなか購入にはいりませんでしたが、でも2018年モデルのこの復刻カラーにやられました。お世話になってるショップに入荷時期を確認して見ると、日本に初回先行入荷した中に私のサイズが1台のみ輸入代理店に在庫があるとのこと。次回入荷は半年後になるかもしれないと言うので即決しました。

イタリアの職人により組み上げられ、塗装された完全メイドイン イタリア。初めて手にした憧れのコルナゴマスター、その塗装の美しさに心を奪われたのでした。(うっとり♬)


つづく

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コルナゴマスター X-light [コルナゴマスター X-light]

メインバイクはコルナゴマスター

30656871_1018652404953779_7778572848393617408_n.jpg
COLNAGO MASTER X-light




熱しやすく冷めやすい、しかも飽きっぽい性格なもので、当然機材の入れ替えも激しいです。

そんな私が今メインバイクとして乗ってるのがこのコルナゴマスター X-Lightです。カーボンバイクを買っては手放し、手放しては買ってを繰り返してきましたが、結局昔ながらのクロモリバイクに落ち着きました。釣りの世界では(私は釣りはしませんが)「フナに始まりフナに終わる」なんてよく言われますが、自転車だと「クロモリに始まりクロモリに終わる」ってな人は少なからずおられるようです。とは言え今どきはカーボンバイク全盛なので、「カーボンに始まりクロモリに終わる」って人が増えるのかな。(笑)

さて、このコルナゴマスター X-lightですが、購入時はこんな仕様ではありませんでした。そのあたりもボチボチと紹介していきたいと思います。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
コルナゴマスター X-light ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。