So-net無料ブログ作成
自転車機材あれこれ ブログトップ
前の12件 | 次の12件

Prime Pro Disc 届く [自転車機材あれこれ]

6日で到着、優先発送は早し

51407858_1237817406370610_6043932361807101952_n.jpg
Prime Pro Disc Road Wheelset

IMG_2349.jpg IMG_2350.jpg




英国よりPrimeホイールが届きました。
やはり優先発送(追加600円)は早いですね。発注から6日で届きました。

メーカー公称値は前後セットで1450gですが、実測してみると、フロント673g リア808g 合わせて1481gでした。公称値より31gほど重いですね。まあリムテープ込みで31g増なので概ね公称値どおりと言えるでしょうか。米国の某メーカーのホイール(ROV・・以下自粛)などは「おいおい、そりゃ〜詐欺だろっ!」ってくらい公称値があてにならないですが、この程度なら誤差の範囲内でしょうか。

振れ取り台にセットして振れを確認しましたが、縦ブレ横ブレとも問題なし。Primeホイールは今回で3set目ですがどれも作り込みは良いですね。これまで不満に感じたことは一度もありません。

アルミリムではありますが、DISC仕様でありながら1500gを切る重量。これでお値段は37,000円。メーカー品にこだわらなければホイールはPrimeで十分じゃないかと思います。ハイ♬


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライトサイクルVT-09(105キロ走行編) [自転車機材あれこれ]

とりあえず105キロほど走ってみた感想

51228084_1233906680095016_6145980101860261888_n.jpg
ライトサイクル VT-09 高耐久性チェーンルブ 速乾タイプ

IMG_2253.jpg




試したのはグラベルバイクCANYON GRAIL AL。
塗布した翌日に舗装路&グラベルを50キロほど走り、翌日以降さらに舗装路を55キロほど走ってみましたので、現時点での感想を少々。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライトサイクルVT-09(塗布編) [自転車機材あれこれ]

速乾性ドライ系チェーンルブ VT-09を買ってみた

51228084_1233906680095016_6145980101860261888_n.jpg

51191900_1233906700095014_5106031879409106944_n.jpg




これまでチェーンオイルは色々使ってきました。ドライ系、ウエット系、フッ素コーティング系、ワックス系等など。それぞれ一長一短あってどれがベストとは言い難いのですが、私にとってドライ系はあまり良い印象がありませんでした。たしかにチェーンやスプロケは汚れにくいけど、「持ちが悪くてうるさい」ってのが私のドライ系の印象でした。

このVT-09、ドライ系でありながら持ちも良くチェーンノイズも少ないとネットで評判の様で以前からかなり気になってました。というわけで物は試しと買ってみました。

で、まずは塗布編です。

油汚れていたチェーンとスプロケは自転車から取り外し、チェーンクリナーで大まかな汚れを落とし、ディグリーザーで完全に洗浄。チェーンにたっぷりVT-09を塗布し余分の油をウエスで拭き上げて再び組み付けました。

速乾性のドライ系とのことですが、そんなに乾きが早いという印象はないですね。塗布後9時間放置しましたがまだ少し湿ってる感じでした。塗布した直後はKURE5-56やラスペネのようなサラサラ系オイルと似た感触です。5-56よりラスペネに近いかな。 匂いもそれほど臭いという印象はなく、5-56程度かなと思いました。ラスペネよりは臭くない印象です。

チェーンノイズですが、整備スタンド上で回してみた感じではウエット系よりも少し音がするかな?といった感じです。さほど気になるほどではありませんが、完全に乾くともう少し大きくなるかもしれませんね。

次回は実際に走ってみた印象をインプレいたします。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Prime Pro Disc ポチる [自転車機材あれこれ]

3セット目のプライム

0303.jpg
Prime Pro Disc Road Wheelset




CANYON GRAIL AL用にホイールをポチりました。

英国の通販ショップWiggleのオリジナルホイール。リーズナブルなわりに高性能と巷でも人気急上昇中のプライム。私自身今回で3セット目のプライムホイールです。これまでの2セットはカーボンリムモデルを購入してましたが、今回はグラベルバイク用ってことであえてアルミリムモデルにしました。

ところが、アルミリムモデルだからといってあなどるなかれ、DISC仕様でありながらその総重量は前後セットで1450g(メーカー公称値)とカーボンリムモデルよりも軽量です。流石にチューブラーリムよりも重いですが、チューブレスレディリムの中では最軽量です。とある情報ではリム重量は410gとのこと。あまりに軽いのでグラベルで使うのは少々心配ではありますが、まあお安いので遠慮なく使い倒すことにいたします。(ちなみにお値段は前後セットで37,000円)

人気なのかいつも欠品中でしたが、先日チェックしたら「在庫あり」慌ててポチった次第です。で、翌日チェックしたらすでに欠品中。入荷してもすぐに売り切れてしまうようです。同じく英国通販ショップのCRCでも同様。WiggleもCRCも「入荷時にEメールで通知」の機能があり、チェック入れておきましたが結局通知メールは来ませんでした。少量入荷の場合は通知が来ないみたいですね。欲しい商品はこまめにチェックするしかなさそうです。

このホイールについての詳細や購入は下記リンク先よりどうぞ♬
https://www.wiggle.jp/prime-pro-ディスクロードホイールセット/


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パンク&シーラント [自転車機材あれこれ]

パンクするもシーラントで事なきを得る

51199751_1234956089990075_117786643414384640_n.jpg
Panarecer REGACROSS 35c

st0068_pint_a.jpg
Stan's NoTubes



家を出て走り始めて10分後、後輪から妙な音が、、
見てみると鉄片が刺さってシーラントが吹き出てました。
鉄片を外すとシュ〜〜〜♬と音とともにエア漏れが、、

「こりゃ〜、シーラントでも無理か?」

と諦めかけましたが、傷口を下にして10数秒、無事傷口は塞がりました。
パンクの穴としては5mmほどのナイフで切ったような傷口でしたが何とかなるもんですね。
今回は35cのチューブレスタイヤでしたので事なきを得ましたが、
薄いチューブだったらちょっと厳しかったかもしれませんね。

たまには他社製のものに浮気してみようかなと思っていたシーラントですが、
やはりこれからもStan's NoTubesでいこうと決めました。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XTRローターをポチる [自転車機材あれこれ]

見てくれと軽量化と放熱性

P-RT-MT900_BC19Nd0176_750_750.jpg
XTR RT-MT900 108g

P-SM-RT68_4000_1_750_750.jpg
SLX SM-RT68 150g



グラベルバイクCANYON GRAIL AL用にXTRローターをポチりました。

もともと付いていたローターはSLXグレードのSM-RT68の160mm、重さは150g。
今回ポチったのはXTR RT-MT900 160mm、重さは108gです。
前後合わせると84gの軽量化です。

ローターだけで84gの軽量化を、たった84gと思うか、84gも、と思うかは人それぞれでしょうか!?

一番の狙いは軽量化ですが、見てくれもカッコいいですし、放熱効果も期待できそう♬
一瞬ロード用のローターも考えましたが、放熱フィンがやたらデカすぎてヤボったいのでやめました。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年初ポチ [自転車機材あれこれ]

今こそ10速を見直そう♬

i-img1200x900-1532075672l02ce8188841.jpg
SHIMANO XTR CS-M980 11-34T





年末にひいた風邪が治らず、ここ数日一歩も外に出かけず家でグズグズしておりますが、それでも物欲だけは元気一杯でありまして、新年早々ヤフオクでスプロケを落札致しました。

落札したのは10速時代のMTB用スプロケ XTR CS-M980 11-34Tです。
ロー側の5枚がチタン製の軽量スプロケです。メーカー公称値は255gとかなりの軽量ぶり。
グラベルバイクGRAIL AL用に落札致しました。(スプロケだけで100g強の軽量化)

続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Prime カーボンリム ブレーキパッド [自転車機材あれこれ]

嬉しい誤算・何気によく効く

30688868_1018608274958192_704611641429327872_n.jpg
Prime-Pro-Rim-Brake-Pads-Set-of-4-Rim-Brake-Pads-Grey-2017-152405.jpg


カーボンホイールにはカーボン用のブレーキパッドを使わなければならない訳ですが、私はPrimeホイールに付属していたブレーキパッドを使ってます。

使用する前にネットで検索してみると、「あまり効かない」とか「使い物にならないのでですぐに捨てた」とか、あまり良いコメントがなかったのですが、「結構よく効く」というインプレもあったりで、、さ〜てどうしたものかと悩んでいたのですが、とりあえず使ってみてダメなら他社製に交換するつもりで使い始めました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チェーンリングはSUGINO [自転車機材あれこれ]

基本コンポはアルテグラ6600なれど、、

32768339_1036624273156592_5470560713191718912_n.jpg
カワムラサイクルNISHIKI Etape SUGINO EV110S




27年前に買ったクロモリロードレーサーNISHIKIのチェーンリングを交換しました。NISHIKIには基本的にシマノ・アルテグラ6600コンポで組んでいますが、以前からチェーンリングはSUGINOを使っています。純正アルテ6600のチェーンリングの色(やる気のなさげなグレー)が気に入らなかったので、あえてSUGINOを使っていたのですが、、そのシルバーの輝きも少々あせて来たのでアウターのみ新品に交換しました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AICAN チューブラーテープ [自転車機材あれこれ]

NISHIKIの前輪がパンク

32455153_1036084709877215_4367863572596785152_n.jpg



現在、クロモリバイク2台にはチューブラータイヤを装着して楽しんでおります。チューブラーといえばリムへの接着をどうするか?? リムセメントかそれともチューブラーテープ(両面テープ)で接着するか!?

私の場合、使わなくなった機材はすぐに売ってしまうので、後々ホイールを売ることも考えてチューブラーテープを利用しております。ただ、テープは接着しやすいものの、実はタイヤ剥がした後の残留テープの掃除が実に大変。ですから、パンクする度に昔ながらのリムセメントに戻そうかといつも思ってはいるのですが、、結局、今回もテープで接着いたしました。バキバキに固まってしまったセメントを剥がすよりは、手間がかかるとはいえテープの方が綺麗に取り除けますからね。

で、そのチューブラー接着用のテープですが、NISHIKIにはAICANのチューブラーテープを使ってます。定番のミヤタのテープも使ってますが(コルナゴマスターにはミヤタのテープ)、ただミヤタのテープって強固に接着できる代わりに残留テープの処理が大変で、もっと簡単に剥がせるテープは無いものかとこのAICANのテープにたどりつきました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Prime RP-35 TU [自転車機材あれこれ]

もう、ホイールはPrimeでいい♬

30688868_1018608274958192_704611641429327872_n.jpg
COLNAGO MASTER X-light Prime RP-35 TU




現在コルナゴマスターにはPrimeのカーボンセミディープホイールを履かせてます。今どきはカーボンクリンチャーモデルがトレンドの様ですが、私は軽量性を重視してあえてチューブラーモデルをチョイスしました。ただ、転がり抵抗はチューブラータイヤよりもクリンチャー方が優れているらしく、トップサイクリスト達も今はクリンチャーモデル(チューブレス)を使われている方も多いとか。

でも私はロード用カーボンディープに関しましてはチューブラーモデル一択です。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クランク長 股下84cmなれど170mm [自転車機材あれこれ]

172.5mmから170mmへ

31753581_1029781770507509_8384656986569965568_n.jpg
COLNAGO MASTER X-light SRAM RED




私の身長は182cmですが、股下は84cm。典型的な胴長短足です。(苦笑)

身長からするとクランク長は175mmあたりを勧められますが、胴長短足なのでそれよりもちょっと短めの172.5mmを使ってました。とうぜんマスターにも172.5mmを装着してました。

で、私が初めて買ったロードレーサーNISHIKE Etapeには170mmのクランクがもともと付いてまして、このたび復活させましたがクランク長は170mmのままです。アルテグラ6600クランクに172.5mmの選択肢は無いので170mmにしたという訳です。

現在、マスターとNISHIKIのクロモリ2台体制なのですが、長距離走ると何故かNISHIKIの方がツーリング終盤でも踏めるというか、足が出せるというか、疲れた足でも回せる感覚がありましてね。

「もしやこれはクランク長の差か??」と疑問がわきまして、、

マスター用に170mmのREDクランクを新たに購入し、170mmと172.5mmを取っ替え引っ替えしてここ2週間ほど試しておりました。乗り始めは172.5mmの方が反応が良くて気持ちよく踏める感じがするんですが、ツーリング終盤になるとあきらかに170mmの方が回しやすい。クランク長2.5mmの差ですが、左右両クランクだと5mmの差。この5mmの差がツーリング終盤で効いてくるんだと思います。足を大きく動かさなくて済みますからね。

かつては、「クランク長は回せる限り長い方がいい」なとど言われてましたが、実際には短めのクランクで楽に回した方が疲れにくいのかもしれませんね。あと、短めクランクの方が懐に余裕ができるので下ハンのポジションではあきらかに回しやすかったです。一年半前に自転車復活して以来10キロほど痩せましたが、それでもビール腹は完全には凹まずでしたので下ハンポジションはやや窮屈でしたが、クランク短くして下ハンポジションが楽になったのはかなり良かったです。若い脚なら長めのクランクでワシワシ踏んだほうが力強いペダリングができるのかもしれませんが、当方還暦前のおっさんビール腹サイクリスト。短めクランクで懐ひろく楽に回したほうが良いみたいです。

そんなわけで、クランク長は170mmに決定です。(余った172.5mmクランクはヤフオク行きです)


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の12件 | 次の12件 自転車機材あれこれ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。